MS Office Access 2013/2016/2019 ダウンロード版 激安価格で販売しております!

Microsoft ストアで Access 2013\2016\2019 を入手し,激安価格¥5100,永続ライセンス.オンラインアクティベーション,マイクロソフト公式ダウンロード

OFFICEを買うならOFFICE 2019がお得!OFFICE 2019 VS OFFICE 365

どちらがお得?より高価だが機能が多いOffice 365と、機能が少ないが安価なOffice 2019?この記事では、Office 2019を購入する方がお得な理由について説明します。

お役立ていただければ幸いです。

“Office 2019 Office365”的图片搜索结果

Office 2019とは?

Office 2019はMicrosoft Officeの最新バージョンです。

以下は、Office 2019の機能の簡単な説明です。

    • 永続ライセンス
    • 合計サポート期間は7年です
    • 現在のOffice 365の更新された機能を使用できる
    • Windows 10のみ対応できる
    • 「Click-to-Run」 でのみ提供される

上記の説明から、Office 2019を入手した場合、Windows 10 PCで7年間使用できます。 利用可能な機能は、現在のOffice 365と同じです。

Office 365とは?

Office 365は、Microsoft Officeと契約を月単位または年単位で使用する形式です。

Office 365の利点は次のように要約できます。

  • 常に最新バージョンのOfficeを使用する
  • 月額約1,000円でOfficeを使用できる
  • 1つのライセンスを5台のPCで同時に使用できる
  • OneDriveは最大1TBを使用できる
  • 60分間の無料Skype

上記の説明から、Office 365には多くの利点があることがわかります。

では、なぜOffice 2019の方がお得と言えるのでしょうか?

Office 2019がお得な理由

Office 2019がお得な理由は価格が安いです。 次の表では、Office 2019とOffice 365の5年間の価格を比較しています。

価格 Office 365 solo Office Home & Business 2019
1年目 12,744円 37,584円
2年目 25,488円 37,584円
3年目 38,232円 37,584円
4年目 50,976円 37,584円
5年目 63,720円 37,584円

 

上記の表から見ると分かります。

Office 365を3年間使用し続けると、Office Home&Business 2019の価格よりも高くなります。

それで、マイクロソフトオフィスはかいきりOffice 2019を一回払いで入手したほうがお得と思います。

最後に

価格だけで比較すると、Office 365はOffice 2019よりもはるかに高価です。 前述のように、Office 365には常に最新バージョンのOfficeを使用して、1つのライセンスを5台のPCで同時に使用でき、OneDirveは最大1TBを使用できるなど多くの利点もあります。
しかし、私にとっては、Word、ExcelPowerpointのいくつかの基本的なアプリケーションがあれば十分です。 したがって、必要なアプリだけのOffice 2019を選択しますが、使わないアプリが入っている高機能のOffice 365 を選択しません。

あくまで個人的な感想で、必要に応じて選んでください。

Office 2019を購入したいなら

https://store.shopping.yahoo.co.jp/fulldaum/

 

合わせて読みたい!Officeに関する記事一覧

 

ACCESS RUNTIME無料版ダウンロード2010,2013,2016,2019,365
Access 2016 価格 とAccess 2019の価格比較、機能の紹介及びAccessの購入先

初心者向けAccess2016 2019、Accessを始める方法
 
       
Microsoft Office Visio 2016 価格、概要とOffice Visio 2019
Office 2019の価格と機能まとめ及びインストール方法を徹底解説!

Office 2016 docとdocxの違いは何ですか? 互換性はどうですか?
 
       
Office 2019のどれを選択すればお得?Office 2019の種類
Office 2019をダウンロード、インストール、およびライセンス認証方法

Office Access 2019のインストール方法 徹底解説
 
       

Microsoft Office Home&Business 2016とは?価格と機能

Office Home&Business 2016は、Officeの個人向けの買い切り版です。 さまざまなシーンでよく使用されるWord / Excel / PowerPointおよび電子メールソフトウェアOutlookが含まれています。

相关图片

目次

Microsoft Office Home&Business とは?

Microsoft Office Home & Business 2016とは、2016年9月30日に発売された、個人向けの買い切り型の永続版ライセンスとなります。

Word / Excel / Outlook / PowerPointの4つのアプリを使用できます。 POSAカードを購入するか、オンラインバージョンのコードをダウンロード(ダウンロード)して、インターネットでシリアル番号を取得できます。

PC購入時に搭載されたOEM版も使用できます。

OEM版は、PCの購入時にバンドルされるプレインストールバージョンです。 OEM版ンのOfficeは、インストールされたコンピューターでのみ使用できます。

OEMバージョンはオンラインオークションまたはオンラインストアで販売される場合がありますが、他のコンピューターでそれらを使用するとライセンスに違反することに注意してください。

Microsoft Office Home&Business 2016の概要

インストールできるPCの台数

同じユーザーが使用する2台のWindows PCにインストールできます。 Macにはインストールできないことに注意してください。

利用可能なアプリケーション

Office Home&Business 2016では、Word / Excel / PowerPoint / Outlookの4つのOfficeアプリケーションを使用できます。

Word

Word图标

「Word」は、テキスト入力専用のアプリケーションです。 社会人はそれを使って「契約書」、「報告書」、「マニュアル」を作成できます。 学生は「論文」と「レポート」を作成できます。

Excel

Excel图标

セルと呼ばれるセルにデータを入力して、テーブルの「Excel」を作成します。 「売上管理」、「請求書作成」、「スケジュール作成」、「データ分析」、「家計簿の作成」などの生産に適用可能です。 社会人、学生、主婦などが簡単に使用できます。

PowerPoint

PowerPoint图标

PowerPointは、スライドにテキストとグラフを配置してプレゼンテーションを作成します。 社会人なら「提案書作成」「改善書作成」「プレゼン」、学生なら「論文発表プレゼン」などに向いております。

Outlook

Outlook图标

メールを送受信できるメールソフトウェア「Outlook」。 メールの署名を入力し、フォルダーを並べ替えることができます。

カレンダー(スケジュール)機能を使用すると、今日のスケジュールまたは来週のスケジュールを分単位で入力できます。

OneNote

OneNote2016徽标

さまざまなデータを挿入してメモを取ることができる「OneNote」。 ビデオ、写真、ファイルなど、多くの要素を挿入できます。

您还可以编写手写文本,因此可以在图表上放置手写注释。

システム要件

購入を検討している場合は、事前にダウンロードするPCのシステム要件を確認してください。

OS Windows 7 SP1~Windows 10
アカウント Microsoftアカウント
後で発行でも問題なし
インターネット ライセンス認証が必要なのでアクセスできる状況
プロセッサ 1GHz
メモリ 2GB RAM
空き容量 3GB以上
画面解像度 1280×800

Microsoft Office Home&Business 2016の価格

Office Home and Business 2016 は公式オンラインショップでは販売を終了していました。

でも、Yahooショッピングにはまだ在庫があります。

価格も含めてYahooショッピングで確認してみてください↓

 

関連記事

ACCESS RUNTIME無料版ダウンロード2010,2013,2016,2019,365
Access 2016 価格 とAccess 2019の価格比較、機能の紹介及びAccessの購入先

初心者向けAccess2016 2019、Accessを始める方法
 
       
Microsoft Office Visio 2016 価格、概要とOffice Visio 2019
Office 2019の価格と機能まとめ及びインストール方法を徹底解説!

Office 2016 docとdocxの違いは何ですか? 互換性はどうですか?
 
       
Office 2019のどれを選択すればお得?Office 2019の種類
Office 2019をダウンロード、インストール、およびライセンス認証方法

Office Access 2019のインストール方法 徹底解説
 
       

Microsoft Office Professional 2016の価格と機能

この記事では、Microsoft Office Professional 2016を紹介します。 さまざまなシーンで使用されるWord / Excel / PowerPointおよびメールソフトウェアOutlookに加えて、PublisherとAccessも含まれています。

相关图片

目次

 

Microsoft Office Professional 2016とは何ですか?

Microsoft Office Professional 2016は、2016年9月30日にリリースされた永続ライセンス版です。

すべてのOfficeアプリケーションが利用可能です。オンラインコード(ダウンロード)バージョンを購入するか、購入したPCに付属のOEMバージョンを使用できます。

OEM

OEM版は「Original Equipment Manufacture」の略語で、PCの購入時にバンドルされているプレインストールバージョンを指します。 OEM版のOfficeは、インストールされたパソコンでのみ使用できます。

OEM版はオンラインオークションまたはオンラインストアで販売される場合がありますが、他のパソコンでそれらを使用するとライセンスに違反する可能性があることに注意してください。

Office Professional 2016の内容

Office Professional 2016を詳しく見てみましょう!

インストールできるPCの数

同じユーザーが使用する2台のWindows PCにインストールできます。Macにはインストールできないことに注意してください。

利用可能なアプリケーション

Office Professional 2016で使用できるアプリケーションは、Word / Excel / PowerPoint / Outlook / Publisher / Accessです。

Word

Word2016徽标

「Word」は、テキスト入力専用のアプリケーションです。 「契約書」「レポート」「マニュアル」「論文」「レポート」などのドキュメントの作成に適しています。

Excel

Excel2016徽标

セルと呼ばれるマス目にデータを入力して表を作成する「Excel」。「販売管理」「請求書作成」「スケジュール作成」「データ分析」「家計簿の作成」などに適用可能です。

PowerPoint

PowerPoint2016徽标

PowerPointは、スライドにテキストとグラフを配置してプレゼンテーションを作成します。「提案書作成」「改善書作成」「プレゼン」「論文発表プレゼン」の作成に適しています。

Outlook

Outlook2016徽标

メールを送受信できるメールソフトウェア「Outlook」。 メールの署名を入力し、フォルダーを並べ替えることができます。

カレンダー(スケジュール)機能を使用すると、今日のスケジュールまたは来週のスケジュールを分単位で入力できます。

Publisher (WindowsPCのみ)

Publisher2016徽标

Publisherは、チラシやカタログなどの高度に設計されたドキュメントを簡単に作成できるDTPソフトウェアです。 単純なプロジェクト(タグなど)から複雑なプロジェクト(ディレクトリなど)まで、直感的な操作でプロジェクトを作成できます。

Access(WindowsPCのみ)

Access2016徽标

大量のデータを保存、集約、管理できるデータベースソフトウェアです。 データはテーブル形式で保存され、テーブルから必要なデータを抽出するために効率的に使用できます。

OneNote

OneNote2016徽标

さまざまなデータを挿入してメモを取ることができる「OneNote」。 ビデオ、写真、ファイルなど、多くの要素を挿入できます。

システム要件

購入を検討している場合は、事前にダウンロードするPCのシステム要件を確認してください。

Office Professional 2016の価格

現在(2019年12月)、Office Professional 2016はオンラインストアで販売終了になっています。 Office Professional 2016を使用したい場合は、Office Professional 2019の最新バージョンの使用を検討してください。

または、Yahooショッピングで格安で購入できます!

 

最後に

上記は、Office Professional 2016に関連する詳細な紹介です。 この記事がお役に立てば幸いです。

Office 2019の詳細については、次の記事をご覧ください。

Office 2019のどれを選択すればお得?Officeの種類

この記事では、Office 2019のエディションとそれぞれの特徴を紹介します。 Office 2019は、Windows 10、Mac、および学生の3つのカテゴリに分類されます。 必要に応じて選択してください。

 

“office 2019 お得”的图片搜索结果

目次

 

Office 2019のエディション

Office 2019は、Microsoft Office永続ライセンスの最新バージョンであり、次の4つのエディションが提供しています。

  • Office Personal 2019
  • Office Home and Student 2019 for Mac
  • Office Home and Business 2019
  • Office Professional 2019

上記の4つのエディションには、異なる機能と価格があります。 ニーズに合った最高の製品を購入することで、お金を節約できます。

Office 2019の各エディションの特徴

それらの特徴を以下に説明します。

共通の特徴

永続ライセンス、 購入後の追加料金なし。

それぞれの特徴

Office Personal 2019

Office Personal 2019の長所は、32,184円という低価格で入手できることです。

Excel、Word、およびOutlookは、2台のWindows 10 PCにインストールできます。

短所:PowerPointAccessなし、Windows 10 PCのみ対応します。

ACCESS RUNTIME無料版ダウンロード2010,2013,2016,2019,365 Access Runtime ランタイム(無料):Accessで作成されたファイル(データ入力など)を実行し、編集および設計機能なしで、Accessプロジェクトを実行するための必要なコンポーネントだけを提供します。

Office Home and Business 2019

Office Home and Business 2019の利点は、Windows 10 PCまたはMac両方対応できます。

35,584円でExcel、Word、OutlookPowerPointを使用できます。

短所:Windows 8.1 / 7、Windows Server、iOS / Androidでは使用できません。

Office Professional 2019

Excel、Word、OutlookPowerPointAccess、PublisherなどのOfficeアプリを使用できます。

短所:高価格、64,584円。

Windows 8.1 / 7、Windows Server、iOS / AndroidMacでは使用できません。

Office Home and Student 2019 for Mac

Office for Mac Home and Student 2019はMacのみ対応します。Windows PCでは使用できません。

25,704円でExcel、Word、PowerPointを使用できますが、価格は高くありません。

Office 2019の選び方

Windows向け

Excel、Wordをのみが必要なら

ExcelとWordのみを使用する場合は、Office Personal 2019を選択することをお勧めします。

Powerpointも必要なら

ビジネスにPowerPointが必要な場合は、Office Home and Business 2019を選択してください。

法人であれば

Office Professional 2019は最高です。

Mac向け

Macで利用できるOffice 2019には、「Mac用のOffice Home&Student 2019」と「Office Home&Business 2019」の2種類があります。

「Office Home&Student 2019 for Mac」は2台のMacで使用できます。 「Office Home&Student 2019」は、Windows 10または2 Macで利用できます。

つまり、「Office Home&Business 2019」を購入した場合、Windows PCとMacにインストールできます。 もちろん、2台のWindows PCにインストールする場合、Macにはインストールできません。 逆でも同じです。

最後に

上記は、Office 2019について選択する方法です。必要に応じて選択してください。 Officeの新機能の詳細については、次の記事をご覧ください。

Office Access 2019のインストール方法 徹底解説

「Office 2019のインストールはどうやるの?」

f:id:ribac587:20190819204734p:plain

Access Runtime(ランタイム) とは

Access Runtimeは、MicrosoftがリリースしたAccessの無料バージョンであり、Accessの完全な有料バージョンに関連するすべての開発関連機能を削除または無効にします。

「インストール中にエラーが発生してしまった」 2018年9月末に、新しいOfficeソフトのOffice 2019が発売されました。 ソフトのインストールは手順が複雑だったりエラーが発生したり何かと面倒ですよね。 この記事ではOffice 2019をインストールするための準備と手順(WindowsMac両方)を紹介しています。 インストール時のエラーやインストール後にアプリが消えてしまったといったトラブルの解決法も解説していますので、 Office 2019のインストールをする前にも、インストールで困ったときにも、ぜひ読んでください!  

1.Office 2019とは

Microsoftが提供するOfficeソフトの最新版である「Office 2019」が発表されました。 Office 2019は永続ライセンス型であるOffice 2016の後継で、Office 2016発売後に更新された機能などが含まれています。 まずはインストールする前に、Office 2019の内容とシステム要件をチェックしていきましょう。  

1-1.Office 2019に含まれるアプリ

 

【Office Professional】

Word / Excel / PowerPoint / OneNote / Outlook / Publisher / Access  

【Office Home and Business】

Word / Excel / PowerPoint / OneNote / Outlook  

【Office Home and Student 】

Word / Excel / PowerPoint / OneNote  

1-2.Office 2019をインストールできるシステム要件と台数

Office 2019の使用可能OSはWindows10以降に限られます。 Windows7や8もサポートしていないため注意が必要です。 他にメモリやハードディスク容量などにも注意しましょう。 メモリ:4 GB RAM、2 GB RAM (32 ビット) ハード ディスク:使用可能ディスク領域 4.0 GB以上 ディスプレイ:280 x 768 の画面解像度 Macの場合は以下に注意しましょう。 プロセッサ:Intel プロセッサ搭載 メモリ:2 GB RAM ハード ディスク:使用可能ディスク領域 10 GB以上 ディスプレイ:1280 x 800 の画面解像度 インストール台数についてはOffice 2016と同様に「同一ユーザーが使用する2台のWindows PC(またはMac PC)」と予想されます。  

2.Office 2019をインストールする方法

それではOffice 2019のインストール方法について見ていきましょう。 その前に初めてOfficeをインストールする場合は、まずMicrosoftのアカウントを取得する必要があります。 Office 2013以降からライセンス認証のためにアカウント取得が必須となっていますので、もし2013より前のOffice 2010などを使っていてOffice 2019をインストールする場合はアカウント登録をしてください。 アカウント取得はここから先に行いましょう。 ではWindows PCとMac PCで少し異なるため、順に手順を説明します。  

2-1.Windows PCにインストールする手順

https://www.office.com/にアクセスし、[サインイン] を選択します。サインインしている場合はそのまま②に進みましょう。 ②サインインしたのは個人のアカウントでしょうか、学校や職場のアカウントでしょうか。 個人の場合は③、学校や職場の場合は⑥へ進んでください。  

【個人アカウントの場合】

https://office.com/setup でプロダクトキーを入力します。すると、Office にアカウントがリンクされます。 f:id:ribac587:20190819205052p:plain ④Officeサイトに戻り、 [インストール]を押下するとダウンロードが始まります。   f:id:ribac587:20190819205209p:plain   サインイン後にインストールオプションが表示されない場合、アカウントに問題がある可能性があります。 ➄⑧に進んでください。  

【学校や職場のアカウントの場合】

https://aka.ms/office-installから[Officeアプリをインストール] を選択します。 ⑦ [Office 2019]を選択するとダウンロードを開始します。 ⑧ダウンロードの完了後、検索を開いて[ダウンロード] に移動し、Microsoft_Office_2019_Installer.pkg をダブルクリックします (名前は多少異なる場合があります)。 このとき「不明な開発者」であるため開けない場合、数十秒待ってからファイルをデスクトップに移動し、Ctrlキーを押しながらクリックすると開けます。 ➈インストール画面で、[続行する]を選択します。その後はソフトウェア使用許諾契約の確認と同意を行い、インストール方法を選択して進んでいくと、[インストール]ボタンが現われます。 ⑩ログインパスワードを要求される場合はMacのパスワードを入力して、[ソフトウェアのインストール]を選択します。 ⑪インストールが完了したら[閉じる]を選択してインストール画面を閉じて完了です。

2-3.ボリュームライセンスの場合の手順

ボリュームライセンスでインストールする場合は手順が異なります。 ①もし他のOffice製品をインストールしているなら、アンインストールすることが推奨されています。 ただしアンインストールしなくてもインストールは可能ですので、そのままでよい場合は②に進んでください。 ②「Office 展開ツール」をMicrosoftのダウンロードセンターからダウンロードします。 ③メモ帳を開いて「Configuration.xml」というファイルを作成し、①のツールと同じ場所に保存します。 「Configuration.xml」の内容はMicrosoftでは以下のように紹介されていますが、使用状況によって変更が必要になる可能性があります。以下のXMLファイルの内容と各要素や属性についてはこちらをご覧ください。 office 2019 インストール ④コマンドプロンプトを起動して②の展開ツールを実行します。そのときに③のファイルをオプションにします。 コマンドプロンプトはデスクトップの検索から「cmd」を打って検索できます。 コマンドで展開ツールを保存したフォルダに移動し、「setup /download configuration.xml」と打ちエンターをします。 ➄Officeのダウンロードとインストールが始まります。 ⑥インストール完了後、一つOfficeアプリを起動し、ライセンス認証を行なえば完了です。 3.トラブルが発生した場合の対処法 上記の方法でインストール時やインストール後にエラーが発生する可能性があります。 主なエラーをピックアップしましたので確認してください。

3-1.サポートされてないオペレーティングシステムのエラー

「サポートされてないオペレーティングシステム」が表示された場合、ハードウェアとソフトウェアの不整合が原因です。 以下の内容を確認し、原因を突き止めてください。 ・Windows PCにMacバージョンのOfficeをインストールしようとしている。または逆にMac PCにWindowsバージョンをインストールしようとしている。 ⇒ハードウェアに合ったOfficeをインストールしてください。 ・サポートされていないデバイスChromebookIPad Proなど)にOfficeをインストールしようとしている。 ⇒デバイスのアプリストアからOfficeのモバイルアプリをダウンロードできるので、それを使用しましょう。

3-2.インストールに時間がかかる

インストールに時間がかかる場合は途中でインストールを取り消すこともできますが、まずは 以下の5点を確認、実行してみましょう。 ①ウイルス対策ソフトウェアがインストールを邪魔している可能性があります。一時的に無効にしてみましょう。 ②無線接続(Wi-Fi接続)の場合ネットが安定しないなどインストールを阻害することがあります。有線接続に切り替えると無線接続より早く接続が安定します。 ③オンライン修復を実行すると改善される可能性があります。 オンライン修復は[コントロール パネル] の[プログラムと機能] 、[プログラムのアンインストールと変更] で、インストールしようとしている Office 製品を探して右クリック、[変更] を選択して、[オンライン修復] を選びます。 ④Windowsトラブルシューティングをすると解決する可能性があります。 トラブルシューティングは[Windows](左下のWindowsマーク)でスタートメニューを開き、[設定](電源アイコンの上のギアアイコン)で設定を開き、[更新とセキュリティ]を選択すると[トラブルシューティング]があります。 [ネットワーク アダプター]からネット環境の問題のトラブルシューティングができます。 ➄PCを再起動して、Officeを確認してみましょう。インストール完了している場合があります。

3-3.インストール後、OneNote 2016 が表示されない

Office 2016がインストールされたデバイスにOffice 2019をインストールすると、デスクトップアプリの一覧から「OneNote 2016」が消えてしまうことがあるようです。 OneNote 2019と併用したいなど消えては困る場合、OneNote 2016を再度ダウンロードすることで解決できます。

4.まとめ

インストール自体はMicrosoftのサイトから順に行っていけば自然と進めるようになっていると思いますが、どんなソフトウェアのダウンロード、インストールでも思わぬところで躓いてしまうことがあります。 ネット環境が悪かったり、デバイスのスペックが不足していたり、様々な原因でうまくいかないことがあって、そんなとき原因調査に時間を無駄に費やしてしまった経験があるのではないでしょうか。 インストールする前に必ずシステム要件やインストール内容をよく読むことで、防げることもありますので、Officeに限らずソフトウェアはインストール手順と共にシステム要件も確認したほうが無駄な手間も省けますよ。  

 

         

ACCESSの機能概要

今のビッグデータ時代の流れに沿って、人々の生活により多くの利便性をもたらすため、テクノロジーにも絶えず変化する新しいシーンを見せています。

Accessは、Microsoftがリリースしたリレーショナルデータベース管理システムです。 これは、Microsoft Jet Database Engineの機能とグラフィカルユーザーインターフェイスを組み合わせたもので、Microsoft Officeシステムプログラムの1つです。

Microsoft Office Accessは、データベースエンジンのグラフィカルユーザーインターフェイスとソフトウェア開発ツールを組み合わせたMicrosoftのデータベース管理システムです。 これはMicrosoft Officeのメンバーであり、Professional以降のOfficeバージョンで単体販売されています。

2018年9月25日に、Microsoft Office 2019で最新のMicrosoft Office Access 2019がリリースされました。

他のオフィスアプリケーションと同様に、ACCESSVisual Basicマクロ言語をサポートしています。これは、DAO(データアクセスオブジェクト)、ActiveXデータオブジェクト、およびその他の多くのActiveXコンポーネントを含むさまざまなオブジェクトを参照できるオブジェクト指向プログラミング言語です。ビジュアルオブジェクトはテーブルとレポートの表示に使用され、それらのメソッドとプロパティはVBAプログラミング環境にあり、VBAコードモジュールはWindowsオペレーティングシステムの関数を宣言して呼び出すことができます。 その機能は次のとおりです。

一、データ分析に使用:Accessには強力なデータ処理および統計分析機能があります。Accessクエリ機能を使用すると、さまざまな種類のサマリー、平均統計、および柔軟な統計設定を実行するのに便利です。 たとえば、数万件のレコード、数十万件のレコード、および以上のデータの統計分析は、高速で簡単に操作できます。 これは、Excelと比較できないものです。 Accessを使用し、作業効率と作業能力を向上させます。

二、ソフトウェアの開発に使用:Accessは、生産管理、販売管理、在庫管理、その他のエンタープライズ管理ソフトウェアなどのソフトウェアの開発に使用されます。 その最大の利点は、習得しやすいことです!コンピューター以外の専門スタッフも学ぶことができます。 ビジネス管理に従事している人の管理ニーズを満たす。ソフトウェアを通じて 同僚や部下の行動を規制し、彼らの経営理念を促進する。 (VB、.net、C、およびその他の開発ツールは、コンピューター以外の専門家にとっては難しすぎるため、Accessは簡単です)。 管理者によるソフトウェア開発の「夢」を実現する。したがって、「管理+プログラミングの理解」という複合的な人材に変わります。

 

 

Accessでは、クエリで自分で作ったVBA関数を使用できます。 Accessフォーム、レポート、マクロ、およびモジュールは、Access環境でのみ使用できるJETデータベースファイル(.mdb)に特別なデータとして保存されます。 Microsoft Windowsオペレーティングシステムバージョンの継続的なアップグレードと改善により、Windows XP以降のバージョンでは、Microsoftはシステムコンポーネントの一部としてWindwosオペレーティングシステムにJETデータベースエンジンを統合しました(主な理由は、JETエンジン、Active Directoryなどを使用する必要があるWindowsコンポーネントがまだ多数あることです)。 それ以来、JETデータベースエンジンはAccessから分離され、Accessは特殊なデータベースアプリケーション開発ツールになりました。

2019バージョンの最新リリースでは、価格と機能が改善されています。 まず、機能に関して:

1.速度を上げて、コードサイズを小さくします。 コーディング速度を改善するために使用できる手法はいくつかありますが、有効なアルゴリズムの代替を見つけることはできません。 次の提案は、アプリケーションが消費するストレージ容量を削減しながら、コーディング速度を向上させることができます。

2.形状番号の数学的操作。 Microsoft Accessがユニオンプロセッサを使用して浮動小数点演算を処理する場合でも、整数演算は常に高速です。 計算に小数が含まれていない場合は、変数または二重整数の代わりに整数または長整数を使用してみてください。 整数除算は、浮動小数点除算よりも高速です。 他の有効なデータ型を使用する場合は警告があります。有効なアルゴリズムを置き換えるものはありません。 第二に、価格の面では、2016年版よりも有利であり、一般消費者の消費レベルにより適していると同時に、ユーザーに多くの利便性をもたらします。

 

技術の継続的な開発により、マイクロソフトは技術の研究開発を促進し続けます。 より便利で効果的な製品を公開します。

MICROSOFT ACCESS の概要

Microsoft Accessは、Microsoftのデータベース管理システム(DBMS)です。 Graphical User InterfaceGUI)、アプリケーション開発ツール及びリレーショナルMicrosoft Jetデータベースエンジンの組み合わせを提供します。
Microsoft Accessは、Microsoft Office Application Suiteの一部としてライセンスされています。 Accessを使用すると、ユーザーはプログラミングの専門知識がなくても、テーブルとフォームを設計し、複雑なクエリを作成できます。
ソフトウェア開発者またはデータアナリストの場合、Accessをバックエンドデータベースとして使用して、ソフトウェアアプリケーションを構築できます。 通常、Accessアプリケーションは、Visual Basic for Applications(VBA)およびその他のMicrosoftアプリケーションを使用して開発されます。
 
他のデータベースと比較して、Accessには次の注目すべき機能があります。
Microsoft Accessは、独自のデータベースを使用してファイルを保存します。
Accessは複数のバックエンドソースを使用できます。
Accessは、PCでデータベースを作成および管理するために使用できるアプリケーションです。 Accessを視覚化ツールとして使用して、基本データを使用してフォームとレポートを作成できます。
Accessはプログラムの「フロントエンド」としても使用できますが、他の製品は「バックエンド」テーブルとして使用されます。 たとえば、Microsoft SQL Server、およびOracleSybaseなどのMicrosoft以外の製品。 同様に、一部のアプリケーション(Visual BasicASP.NETVisual Studio .NETなど)は、テーブルおよびデータベースクエリにAccessデータベースを使用できます。
Accessも複雑なソリューションの一部になる可能性があります。 Microsoft ExcelMicrosoft OutlookMicrosoft Word、Microsoft PowerPointActiveXなど、他のアプリケーションやテクノロジーに接続できます。
 
 
Microsoft Accessの履歴を確認しましょう。
 
1980年代中頃: Microsoftは、最初にリレーショナルデータベース製品を販売しようとしました。 Microsoftは、R:Baseを販売するライセンスを購入しました。
1980年代後半:Microsoftは、Microsoft WindowsおよびOS / 2用の独自のデータベースの開発を開始しました。
1992年中頃: Microsoftはデータベース製品Cirrusのベータ版をリリースしました。 Accessの正式名が付けられています。
1992年末:MicrosoftAccessの最初のバージョンをリリースしました。
1993:Access 1.1は、他のMicrosoftアプリケーションとの互換性を改善しました。 また、Access Basicプログラミング言語も含まれていました。
1994:Access 2.0はMicrosoft Windows 3.1をサポートできました。
1995:Access 7.0はMicrosoft Office 95の一部となり、Access 95と呼ばれました。
1999:Access 2000は、データベースの最大サイズをAccess 97の1GBから2GBに増やしました。
2007:Access 2007は、SharePointリスト、複数値フィールド、および添付フィールドへの参照をサポートするACCDBと呼ばれる新しいデータベース形式を導入しました。
2010:Access 2010は、SharePoint 2010サーバーによるホストされたWebソリューションをサポートします。
2013:Access 2013では、新しいアーキテクチャが導入されていました。 データをSQL Serverデータベースに保存して、リレーショナルデータベースの設計を提供します。
2015:Access 2016では、リンクテーブルを更新、再リンク、または削除するための更新されたリンクリストマネージャーが導入されてました。
2018:Access 2019プログラムは、Office 2019スイートの一部としてリリースされました。