MS Office Access 2013/2016 ダウンロード版 激安価格で販売しております!

Microsoft ストアで Access 2013\2016 を入手し,激安価格¥5100,永続ライセンス.オンラインアクティベーション,マイクロソフト公式ダウンロード

office access 2016
office excel 2016
office powerpoint 2016
office word 2016
Office Access 2016ダウンロード版 Office Excel 2016ダウンロード版 Office PowerPoint 2016ダウンロード版 Office Word 2016ダウンロード版
特別価格: 6,800円 特別価格: 6,800円 特別価格: 6,800円 特別価格: 6,800円
今すぐ購入
今すぐ購入
今すぐ購入
今すぐ購入

ブラグインを導入して邦楽の歌詞取得機能を強化!

ファイルを追加するだけでさまざまな機能を追加できる

 ここではブラグィンによる機能拡張の一例を解説する。MusicBeeは歌詞表示機能を備えているが、邦楽にはほとんど対応していない。そこで、ほとんどの楽曲に対応できるように、複数の歌詞サイトを追加しておこう。機能拡張とはいえ、手順はプラグインファイルをダウンロードして、所定のフォルダーにコピーするだけなので簡単だ。

ブラグインを入手してプラグインフォルダーにコピ二する

f:id:ms-office-access:20170927190552j:plain

MusicBeeを起動。「編集」→「設定」の「タグ (2)」タプで、「歌詞」棚の右端に表示されている「…」ボタンをクリックする

f:id:ms-office-access:20170927190642j:plain

初期状態でチェックが入っているものはすべて外し、追加した上記5つにチェックを入れる。さらに矢印をクリックして上位に設定しておこう

設定画面に設定が反映されているかどうか確認する。「再生中の~」と「プロンブトを~」の2項目にもチェックしておくこと

f:id:ms-office-access:20170927190723j:plain

 「設定」→「レイアウト(1)」から「パネル構成設定」を開き、「右サイドバー」に「歌詞」を追加してチェック。右側はチェックしない

f:id:ms-office-access:20170927190816j:plain

曲を再生すると、タグ情報をペースに歌詞を取得して表示できる。曲やアーティスト情報などのタグは正しく入力しておこう

f:id:ms-office-access:20170927190848j:plain

バラバラになっている音楽形式を変換じ統一する

ポータプルプレイヤーを使う場合は統一が必須

 音楽ファイルにはさまざまな形式があるため、違う形式のファイルが混在することがよくある。 MusicBeeで再生するだけならそれでも問題はないが、ポータプルプレイヤーによっては非対応のものもある。対応した形式に統-しておこう。

 

MP3とAAC形式は別ファイルが必要

 MusicBeeで「MP3」か「AAC」形式に変換する場合は、別途プログラムが必須になる。ダウンロードして、MusicBeeのインストールフォルダー内にある「CODEC」フォルダーにコピーしておこう。その後、MusicBeeを再起勁すればいい。

MusicBeeの変換機能で他形式に一括変換する!

MusicBeeのメイン画面で、他形式に変換したい曲を選択する。アルバムやアーティスト単位でまとめて選ぶことも可能だ

f:id:ms-office-access:20170927191329j:plain

「ツール」→「フォーマットの変換」を開く_変換する形式と音質を選択し、上図の項目にチェックを入れて「進む」をクリックする

f:id:ms-office-access:20170927191435j:plain

変換後は変換前のファイルと同じフォルダーに出力され、自動的にライブラリへ登録される。そのままポータブルプレイヤーに転送することも可能

f:id:ms-office-access:20170927191524j:plain

スマホや携帯プレイヤーとライブラリを同期させる

 MusicBeeはiTunesなどと同じく、スマホやポータブルブレイヤーと同期して音楽ファイルを転送できる。ブレイヤーを接続したら自動的に同期できるように設定を行おう。さまざまな端末の同期に対応しているが、検出できない場合はMusicBeeを最新バージョンにしてみよう。

 

 「編集」→「設定」から「デバイス」メニューを開き「mtpデバイスを検出する」にチェック。これで対応ブレイヤーが自動的に検出される

検出したデバイスと同期が可能。同期するコンテンツにチェックをしておくと、以降は接続したときに自動で同期されるようになるため便利だ

f:id:ms-office-access:20170927191628j:plain