MS Office Access 2013/2016 ダウンロード版 激安価格で販売しております!

Microsoft ストアで Access 2013\2016 を入手し,激安価格¥5100,永続ライセンス.オンラインアクティベーション,マイクロソフト公式ダウンロード

office access 2016
office excel 2016
office powerpoint 2016
office word 2016
Office Access 2016ダウンロード版 Office Excel 2016ダウンロード版 Office PowerPoint 2016ダウンロード版 Office Word 2016ダウンロード版
特別価格: 6,800円 特別価格: 6,800円 特別価格: 6,800円 特別価格: 6,800円
今すぐ購入
今すぐ購入
今すぐ購入
今すぐ購入

Vista時代のパソコンでも用途によってはまだ活用できる!

Vista時代のマシンでもWindows 10は動作する

実際にVistaWindows 10の動作要件を比較してみると、必要なスペックはさほど変わらないこれなら10年前のパソコンでも十分クリアできるそ.

Vistaと10の動作要件は実は大差がない

f:id:ms-office-access:20171018191451j:plain

調子が悪くなって放置中のVistaマシンを実際に復活!

今回, Windows 10にアップグレードしてサブマシンとして活用するのは、10年前に発売されたDemの「Inspiron 530」。当時はそこそこ高価なマシンだったので、捨てるのはもったいない。廃棄寸前だったが、このマシンの復活にチャレンジだ。

廃棄予定のVistaマシンをWindows 10マシンに復活

10年前のパソコンを便つて復活にチャレンジ!

f:id:ms-office-access:20171018191627j:plain

10年前のパソコンと聞くと、もうパワー不足で址新の環境には対応できなそうなイメージがある。確かに以前のウィンドウズのアップグレード時には多くの新機能が追加されるので、それ相応のマシンスペックが喫求されることもあった。しかし、vista以降のウィンドウズでは機能の追加と並行して、OSのシェイプアップも行われている。このため、新しいウィンドウズでも、動作要件はほとんど変わらないことが多い。つまり、vistaマシンでも十分ウィンドウズ10を動かすことができるのだ。もちろん'最新3Dゲームや映像柑集、グラフィック作業となると術は重いが、ネットやメール、簡単な文書の作成、音楽再生などは問題ない。便利なサブマシンを作るため、まずはパソコンを復活させてみよう。

まずは不調の原因がどこにあるのかをしっかり見極めることが最優先!

パソコンを起動してみてその状況で原因を予測する

古いパソコンを復活させるためには、まず不調の原因を特定する必要がある。それには、一度起勣してみるのが一番だ。電源を入れた際の状況で原因を予測していこう、古いパソコンの電源を入れてみた際、パソコンの電源が入り、画面に文字が表示されるようならば症状としてはかなり軽度, Windowsの入れ直しだけで調子が戻ることもある、パーツ交換が必要な場合でも、特に故障が多いのはHDDなので、まずはHDDの交換を試してみるのが最通だ。HDDは価格も下がっているし、もし見込み遣いでHDDが余ってしまっても、外付けとして使うなどの活用法も多い。

起動の状況で不調の原因はある程度.予測や絞り込みができる

 古いパソコンの電源を入れてみた際、パソコンの電毒が入り、画面に文字が表示されるようならば症状としではかなり軽度。Windowsの入れ直しだけで調子が戻ることもある。パーツ交換が必要な場合でも、梓に故障が多いのはHDDなので、まずはHDDの文換を試してみるのが最通だ。HDDは価格も下がりでいるし、もし見込み遠いでHDDが余づでしまつでも、外付けとして使うなどの活用法も多い。

f:id:ms-office-access:20171018191813j:plain

今回はHDDの交換で対応!

BIOSはs動するのでHDDの交換で対応!

今回のケースではパソコンに電源も入り、画面も表示される。しかし、Wlndowsは起動しない。つまり、HDDが死んでいるということ。そこで、HDDを交換するのだが、ちよつと高速化を期待してSSHDに換装することに決定。次ページから作業開始だ。

f:id:ms-office-access:20171018191908j:plain

CPUやマザーポートか原因の場合にはコストや手間を考えて優活させるかを判断

CPUやマザーボードが原因で、パソコンに電源すら入らないといった場合には、復活させるべきかをよく考えたはうがいいだろう。同じマザボやCPUなどもネットで探せば見つかるが、そこそこ高価ほかに文換するパーツがないかを見極めてから判断しよう。

f:id:ms-office-access:20171018191949j:plain